中学2年生
中2A(アドバンスト)クラス 難関私国立高校・土浦第一・竹園高校トップ合格対策

このクラスのポイント

  • 土一・竹園トップ合格、難関私公立高校合格を目指す指導を行います

    県立高校の進路指導に際しては、何段階もの時間的プロセスをおきながら、子ども・保護者の方と担当講師が緊密に相談させていただきます。年に数回の保護者ガイダンスや、生徒通信簿での成績のご報告の他、定期的な面談を行い、学習内容だけでなく、受験情報や精神面でのケアにも万全の態勢を取り、最善の志望校選択ができるよう全力でバックアップいたします。 また、私立高対策も万全です。近隣の私立高校はもとより、野心を持って都内の有名難関私公立高を志望する生徒には、積極的にバックアップしていきます。

  • 中だるみが起こりやすい学年。ここで差をつけましょう!

    最も指導が難しい学年です。
    中だるみが起こってくる学年だからです。この中だるみによって、だれてしまう生徒とそうでない生徒の実力差が大きくつく学年なのです。この学年で伸びるか凋落してしまうかで、高校の志望校選択に大きく影響してくるのです。その意味で、一番重要な学年であると、当塾では位置付けています。

こんなお子様におすすめ!!

  • 難関私国立高校
    合格を目指している

  • 土一・竹園高校
    トップ合格を目指している

このクラスの指導方針

  • 方針1

    忙しい学年で、成績の伸びを維持します

    部活も忙しくなってきます。学校行事なども中心になって担わなければならない学年です。
    この学年では定期テスト対策をきっちりやることを、内申点を重視する入試対策の一環とみなしています。成績面では大きく向上するよりも、右肩上がりを維持しつつも、伸び率は少しでいいし、最悪、現状維持で良し、とせざるを得ません。しかし成績が下がるのは絶対阻止しなければなりません。
    そのためには、塾を休まないこと、やめないこと、レポート(宿題)を提出するという三つの約束は、中1と同じく厳守してもらわなければなりません。それを続けていきさえすれば、怠け病にかかってしまう、
    他の多くの生徒たちの成績下落率の大きさを勘案すれば、テストの偏差値は上昇が見込めます。

  • 方針2

    反抗期を乗り越えましょう

    本格的な反抗期に突入する学年です。親であれ、教師であれ、大人から強制(と本人は思い込んでいる)されることを、最も毛嫌いする年齢です。それも一番指図してほしくないのは親です。
    この時期、学習面に関して保護者の方はあまり干渉的な態度をおとりにならない方が賢明です。むしろ他人の大人の説得の方が、効果的な場合が多いのです。親がガミガミ注意し過ぎることによって、怠け病を悪化させるケースがよく見られます。

  • 方針3

    基礎から入試へ

    この学年の前半は基礎力の練成に努め、後半からはその基礎固めの上に、いよいよ入試に対応できる応用力の構築にとりかかります。

  • 方針4

    高校での勉強を見据えた内容の指導

    中2では勉強の内容が徐々に高度になります。そろそろ高校の勉強に直結する内容も多く出てきます。
    高校での勉強を見据えた内容の指導をAでは行います。生徒の中には潜在能力は高いけれど中学校の成績さえ良ければ良いと考える生徒が出てきます。このような生徒は、レベルの高度な勉強(高校の勉強に非常に役に立つ)を嫌がります。
    能力が高くて、高度な勉強を希望する生徒をAクラスでは指導します。

  • 方針5

    テスト対策も万全です

    学校の各種テストにも万全の対策を行います。対策授業や、レポート(宿題)により弱点克服課題を出します。

この学年の開催クラス

教科 国語 数学 英語 理科 社会
曜日 水曜日 or 土曜日 水曜日 or 土曜日 水曜日 or 土曜日 月曜日 木曜日
時間 19:00~20:20 or 20:30~21:50 19:00~20:20 or 20:30~21:50 19:00~20:20 or 20:30~21:50 20:30~21:50 20:30~21:50
国語水曜日 or 土曜日
19:00~20:20 or 20:30~21:50
数学水曜日 or 土曜日
19:00~20:20 or 20:30~21:50
英語水曜日 or 土曜日
19:00~20:20 or 20:30~21:50
理科月曜日
20:30~21:50
社会木曜日
20:30~21:50

※クラス編成の都合上、若干の時間変更が起きることがあります。

※※授業の合間の休憩時間に軽食をお摂りいただけます(ゴミのお持ち帰りにご協力お願いいたします)。

受講料

授業料は、毎月の月謝払いとなります。年間、数ヶ月一括払いなどは一切ございません。

また高額なテキスト代などもかかりませんので、ご安心ください。

  • 入塾金(税込)※初回申込時のみ

    20,000円

  • 諸経費/月(税込)
    3,000円(設備維持費、システム維持費、光熱費、その他)
クラス 受講料/月(税込)
1講座(80分) 2講座(160分) 3講座(240分) 4講座(320分) 5講座(400分)
中1通常授業 11,900円 19,500円 27,100円

33,000円

38,100円

※クラスごとの受講料は、横にスライドすると確認できます。

お支払い方法

①郵便自動引き落とし ②銀行自動引き落とし

備考

※諸経費:設備維持費、システム維持費、光熱費その他。授業料と共にご請求いたします。

※兄弟姉妹入塾の場合:入塾金1人分

※兄弟姉妹が在籍の場合、月々の授業料を1割引いたします(小学生英語は適用外)

※基本テキスト代は授業料( 上記表参照) に含まれています。

※ただし、受験用・自習用の特別教材の場合は、別途費用がかかる場合があります。

※各種テスト代および、季節講習や特別講座は、別途費用がかかる場合があります。

指導システム①
2人担任制

  • 2人担任制
    • 演習中は二人の講師が、一人ひとりのノートを確認し、合っているか間違っているか確認し、間違っている場合は、どこが間違っているのか、 なぜ間違っているのか、どう直せばいいのかというきめの細かい指導を行います。それにより、間違った理解をしていることに気づくことができ、 その場で正しい理解を促すことが可能です。

    •                          

      講師2人体制で14・5人見ることで、1人、2人つまづいた生徒がいた場合、1人の先生がその生徒をケアし、もう1人の先生が他の生徒を十分に見てあげることができます。 そうすることにより全ての生徒をケアすることができ、取り残されることなく授業内容を毎回しっかり理解するこが可能です。

    • メイン講師が黒板を使って説明を行う際、生徒達に色々な解き方、考え方を発表させ、生徒同士良い刺激を与える集団指導の良さと、 一人ひとりをきめ細かい指導ができる個別指導の良さをうまくミックスさせた指導システムです。

指導システム②
レポート(宿題)チェック制度

  • レポート(宿題)チェック制度
    • レポートを次の授業の3日前に提出するルールにより、おのずと早めに復習を行い、覚えたことの定着を促進します。 生徒達は早めの復習は能率が良いことに気がつき、勉強の仕方そのものを改善し身に着けることにつながります。

    • レポートを授業の3日前に提出することで、講師が1人ひとりのレポートをしっかり確認することができます。 それにより、生徒の理解度を把握し的確なフォローをすることが可能です。 生徒の理解度を把握することが出来ると、生徒が間違った理解のまま先に進むことを阻止することができます。

    • 生徒が分からない部分は、レポート上で必ず質問するというルールにしています。 それにより、気軽に質問が出来るメリットと、レポートが返却される際に質問への回答が必ず記入されているので、タイムリーに疑問を解決することができます。

入塾の流れ

  • step.1
    step.1

    説明会お申込み

  • step.2
    step.2

    説明会・
    学力判定テスト

  • step.3
    step.3

    判定テスト結果分析
    個別学習アドバイス

  • step.4
    step.4

    お試し講座
    お申込み

  • step.5
    step.5

    入塾

※説明会に参加できない場合、別途個別ガイダンス・学力判定テストを承ります。お気軽にご相談ください。

お申込み受付中のイベント・講座