職員室だより(スタッフブログ)
副塾長 牧原
2021.04.13

新課程に向けた英語の勉強法

つくば市の進学塾「竹園進学教室」英語科の牧原です。

 

新課程に向けた英語の勉強法

現在、日本では英語教育改革が行われ、生徒のみなさんの学習課程も変化します。

具体的には、4技能ですが、注目すべき点は、「英単語」です。

 

長らく日本の教育は、「少ない単語でも、言い回しを工夫すれば大丈夫」というものでした。

 これは、難関大学受験でも貫かれ、その後の勉強でも引き継がれていました。

 

ところが、国際的には、「語彙数の多さ=能力の高さ」です。

 英語も人の使う言語ですから、あまりにシンプルな内容の文ばかり書いていると、

見た人からは、好意的な印象は返ってきません。

 

話す言葉(スピーチ原稿)は一度で相手に伝わるようにシンプルに、しかし書き言葉は、

哲学的な含蓄も含め高度に、が国際スタンダードです。

 

これに合わせるには、いままでの日本での英語教育は、一旦全部

見直さなければなりません。

哲学的な含蓄の有る文は、それレベルの単語が使いこなせて、初めて書けるものです。

 

この常識にあわせてか、新課程では、学習すべき英単語数が大幅に増えます(数倍になります)。

生徒の皆さんにとっては、かなり大変ですが、私にとってはうれしい変化です。

 

学校の英語が本当の英語の世界に近づきつつあるからです!

 

少しずつではありますが、日本で学習する英語も「使える」英語に近づくのでは、と期待しています。

 その萌芽が、中学新課程での単語数の大幅増です。

 

英語は記号ではなく、人の使う言語です。単語を多く知らないと、何もできません。

 

これからは、受験勉強を頑張れば頑張るほど、英語の基礎力が身に付きます!

 ぜひ、新課程の勉強を私たちと一緒に精一杯、頑張りましょう!!