職員室だより(スタッフブログ)
講師・スタッフブログ
2021.01.07

レポートの精度を上げよう!

みなさん、こんにちは。

つくば市の学習塾「竹園進学教室」英語・社会担当の杉山です。

 

突然ですが、最近の勉強の調子はいかがですか?

授業とレポートのサイクルは上手くまわせていますか?

ただ、作業のように日々のレポートを漫然とこなすだけになっていませんか?

レポートを提出している生徒の間でその効果に「個人差」が出るのは、

「レポートの精度」が原因です。

 

「レポートの精度」とは、

( 1 ) レポートで出された問題に対して、授業で習ったことを元に解答する際の集中の度合い。

( 2 ) 何で間違えたのか?次回はどう答えればいいのか?をノートにメモしておく丁寧さ。

( 3 ) なぜそうなるのか?疑問がでてきたら、かならず質問を残し、回答をもらい、一回一回の

授業に疑問点を残さないようにする徹底度。

 

上記の三点になってくるかと思います。調子が良い生徒、学力が常に高い生徒は、

講師をうならせるような「上質なレポート」を提出しています。

(1)から(3)が徹底されています。

ぜひこの機会に自分のレポートのやり方をもう一度振り返ってみてください。