職員室だより(スタッフブログ)
塾長 渡部
2019.09.24

つくば 業徒然②

つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。

つくば 業徒然①の続きです

 

   稲が倒れてぺしゃんこになっている所は、稲刈りができるのか

 心配だったが、コンバインでしっかり稲刈りを行っている。

 田植えの時、間隔を開けているので、茎の下の所から稲刈りをしていくので

 大丈夫なのだそうだ。

 コンバインで稲刈りをして、もみの状態まで自動でやれるそうだ。

 

    稲が倒れないでしっかり立っている稲は、短稈(たんかん)と言って

 品種が違うそうだ。稈は茎のことで、もともと茎が短い品種を

 短稈というのだそうだ。稲刈りをしている農家の方と話をして

 いろいろな事を教わった。その中で、筑波山のふもとの水田には

 霞ヶ浦から水を引いていてそれを霞ヶ浦用水というそうだ。

 

   霞ヶ浦用水は、霞ヶ浦から大量に水を引いてきて、

 筑波山系を貫いて、真壁まで続き、そこで「つくしこ」という

 貯水池に水をため、つくば市や石岡市、結城市、下妻市、笠間市、常総市、

 筑西市、桜川市、取手市などにも水を供給しているそうだ。