職員室だより(スタッフブログ)
塾長 渡部
2019.04.15

ありがたいことである

  • つくばの進学塾「竹進」の塾長の渡部です。

 

  • 今まで中学3年の社会を教えていたが、今年度から小学6年の社会を
  • 教えることになった。
  • 算数・数学でもそうだが、中学生よりも受験する小学生のほうが教え方は難しい。

中学生の方が、論理定な思考で指導できるし、方程式のような道具がしっかり

しているからである。

 

小学生の方は、指導するための道具が整備されてなくて一つ一つ工夫して

解法を教えなければならない。

社会でも、小学生の方が身近な生活に基づく細かい知識が必要とされる。

ややもすると忘れていることや、知らないことがあったりする。

 

  • 小学5年の社会教科書には、鉄を作る工場の説明があった。

鉄鉱石と石炭を使って鉄を作ることや、日本がオーストラリアから

この鉄鉱石と石炭を一番多く輸入していることは知っていた。

 

しかし、石灰石が必要不可欠な副原料だとは知らなかった。

鉄鉱石に含まれる鉄以外の成分を取り除くのに必要であるそうだ。

本当に知らないことが多い。

 

教える機会がなければ、このことを知ることもなかった。

ありがたいことである。